中古車も試乗が可能であればした方がいい|試乗時のチェックポイント

中古車も試乗が可能であればした方がいい

新車・中古車問わず自動車というのは基本的に高額な商品です。

大金を販売店に支払うことになりますので、購入前に試乗して確認したいというのは当たり前の心理であり、それを提供するのは販売店の義務とも言えます。

状況によっては試乗をユーザーにさせることができない場合もあると思いますが、世の中にある大抵の中古車販売店・新車販売店はこれを快諾するはずです。

そのようなこともあって、店頭に展示している商品車には「試乗OK!」などのポップが貼ってある販売店が数多くあります。

今回は試乗に関する内容を解説したいと思います。

試乗をする意味

今まで何台も自動車を買われている方が対象となりますが、自動車を購入時には必ず試乗されていますか?

気になる車を実際に販売店に見に来て、気に入ってしまうと試乗を怠るなんて経験があるという方はおられないでしょうか?

実はこれが危険で、新車であれば構いませんが中古車は必ず試乗をすることをおすすめします。

この記事を読まれている方は販売店から見たらお客様の立場となりますので、基本的には自動車の知識はない方です。

エンジンが停止している状態であれば正直、よっぽど誰が見てもおかしいと思う状態でなければ不具合があっても気が付かないと思います。

しかし、試乗した場合はそうではありません。

車の異常を感知するセンサーはプロの整備士には当然及ばないと思いますが、ステアリングを握って自分でアクセルを踏みブレーキを踏み、ステアリングを操作することによって素人の方でも何かしらの情報を感じ取ることはできます。

これには個人差はありますが、感性の良い方であれば整備士に負けないぐらいの感性がある方も中にはおられます。

ですので、自分は素人だから乗っても分からないと言わずにまずは操作することが大切です。

実際に操作すれば、もしそこに明らかな異常があれば何か反応がありますし音が聞こえることもあります。

また、世の中の全ての販売店が親切なわけではありませんので、鵜呑みしないためにも確認は必要です。

もしも、試乗することによっておかしな挙動や音が聞こえたら、必ず販売店に確認しましょう。

これが試乗をする意味です。

規模の小さな販売店は試乗を断られることがある?

試乗は販売店の規模に関係なく依頼をしなくてはいけません。

ディーラーは試乗させてくれるけれども、個人経営の販売店はさせてくれないかも…そんなことはありません。

しかし、試乗をするということはあなたが万が一事故をしてしまった場合のために、誓約書を書かなければいけません。

レンタカーと似た扱いとなりますので、代車借用書等の書面を交わして運転免許証の提示を求められるのが一般的です。

これを拒否すれば販売店側も試乗を断ると思いますが、そうでなければ試乗は快諾してもらえると言うのが一般的です。

※ただし、車検が切れている場合等正当な理由がある場合を除きます。

試乗の際に確認するポイント

これまでの解説で試乗が非常に大事なことであることはおわかりいただけたと思います。

それでは、どこをどう見たらいいのか?

ここでは素人の方でも簡単に確認できるポイントを紹介します。

運転席のシートを合わせてシートベルトを装着して、ここから出発すると思います。

ブレーキ

この時にまず確認できるのはブレーキです。

ブレーキタッチが適切かどうかをペダルを叩くようにして数回踏み分けます。

この時に奥にペダルが入り過ぎてしまったり、ブレーキが効かなかったり、又はブレーキを引きずるような音がしないかどうかを確認できますね。

加速

そしていよいよ出発しますが、法定速度内で必ずトップスピードまで加速しましょう。

この時に異音がしたりステアリングに不自然な振動が伝わってこないか確認することが重要です。

特にFF車のリアハブベアリングの異音はよくありますので、注意して聞いておきましょう。

走行中、窓を開けて外の音から聞き分けるのも良いかも知れませんね。

トップスピードまで加速したのであれば、停止時にはブレーキをもう一度チェックしましょう。

先程は低速時での話でしたので、高速時から停止時にブレーキから異音が出ていないか確認することができます。

また、停止するためにブレーキを踏んだことによってステアリングに振動がきたり、車体が左右に触れたりしないかも同時に確認できます。

これによって先程のリアハブベアリングやホイールバランスが正常かどうかをチェックできます。

法定速度で走行中に他に注意すべきことは変速機が正常に作動しているか確認できます。

今の車はほとんどがATかCVTですのでMTは割愛しますが、走行中に回転数がバラついたりうなったりしないか確認できますね。

ここまでのレベルになると流石に店頭に並べることはしないと思いますが、念のために注意はしておきましょう。

ステアリング

最後にステアリングですが、ステアリングは運転中に常に触れていますので一番情報を与えてくれる部位です。

交差点などでステアリングを切り込んだ時にコトコト音がしないかどうかや、ステアリングの切り角が左右均等であるかどうか・ハンドルを離しても真っすぐ走るか(高速走行時には危険なので絶対にしないでください)どうかなど色々なことを試すことができます。

その他、ステアリングを切ったことによって他の部位から何かおかしな反応がないかもチェックできますね。

ステアリングの切り角は低速時と高速時では異なりますが、それと同様で低速時にはわからなかったことが高速走行時にわかる場合もあります。

法定速度内でもし試すことができるのであれば、こちらも確認してみましょう。

まとめ

  • 販売店の規模に関係なく可能な販売店は多い(本人確認や書面を交わす必要がある)
  • 中古車の場合、可能であれば試乗した方がいい(素人でも何かしらの異変に気付くことがあるため)
  • 簡単に確認できるポイントは、ブレーキ・加速・ステアリング

販売店の規模に関係なく、本人確認と書面さえ交わせばどんな販売店でも基本は試乗OKです。

試乗するのにはきちんと意味があり、これから高い買い物をするわけですからめんどくさがらずに購入前に試乗はしておきましょう。

できることとできないことがあると思いますが、試乗の際には少し思い出して試していただければと思います。

ただし、事故等には気を付けて自己責任で行ってください。

タイトルとURLをコピーしました